能登の暮らしの風習 「花嫁のれん」

花嫁のれん

輿入れの日、花嫁はのれんをくぐり女の一生を踏み出すという
 
「花嫁のれん」は、幕末から明治時代初期の頃より、加賀藩の能登・加賀・越中に
みられる庶民生活の風習の中に生まれた独自ののれんです。
花嫁が嫁入りした時に「花嫁のれん」を持参し、仏間の入口に掛けられます。
玄関で合わせ水の儀式を終え、両家の挨拶を交わした後、花嫁はのれんをくぐり、
先祖のご仏前に座ってお参りをしてから結婚式が始まります。 
 
花嫁のれん館
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント